スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
きれいだ
じぶんでもおどろくほどに、ことしに入ってこちら、とりわけ夏以降、だれかに会いたいという気持ちになれず、だれにも会いたくないという気持ちが日に日にふくらむだけで、じぶんの話すことばはまるで、うわべだけをなぞるようにすべり落ちていく感覚、がさがさの声、ともだちの話すことばもしだいによくわからなく遠くなって、わたしの疲れや戸惑いはそのまま、機会あって会うことのできたかれらに伝わってしまっただろう、連絡の間隔もあいて 仕事は仕事で、信頼を得るべく必要なだけしっかりこなして、同居人とのコミュニケーションさえとれていれば、もともとのインドアぶりも手伝って家のなかばかり快適、ひとり遊びに困ることのないわたしの暮らしようには、まったく支障がないのだった 地元のともだちの結婚披露宴がひさしぶりの遠出、あたたかい心配りの祝宴、余計なことをしないようにとだけ気をつけつつ、花嫁はもちろんのこと、着飾って笑い合うともだちはみな、年齢を重ねたいまも、とてもきれいだった
日 々 . - -
Parallel Land
滞りなく勤め、今月から正社員 1年まえにはおもいもよらなかった日常、バックオフィスのスタッフではあるものの、すきな写真やカメラ、あこがれのメーカーや写真家と接点のある仕事のできる、商材や業界をあいするきもちのあるひとたちとともにはたらくことのできるしあわせ 生活の糧、生きてゆく術とだけかんがえていた、消化試合のような、退屈と忍耐の数年が無駄であったとはけっしていわないし、そこで学び得たことはむろん世間知らずのわたしに必要であったけれど、なにもかも悟ったふうな顔をしてとびだすことをしなかった、ある種甘やかな時間の堆積は、わたしにとっての何か損失のようなもの 
日 々 . - -
ワークソング
今月から会社勤めをすることになったので、おひるごはんのおべんとうをつくりながら、高校1年の夏休みの家庭科の課題をおもいだす、それはそのままおべんとうコンテストに全員応募、レシピにくわえて絵だか写真だかをつけて提出するものだった おべんとうなんて朝のいそがしい時間帯に手早く合理的につめるもの、と当時のわたしはきめていて、それは親の転勤のためにあちこち移り住みながらも幼稚園から高校に至るまで、ほぼおべんとう生活だったことによるのだけれど、そのために至極実用的な成果を提出した、そんななか入賞したのは友人の、にんじんはじめ野菜をお花型で抜いたような、手の込んだかわいらしいそれで、いまとなってはすとんと納得できる、とはいえ、そのときはまったく腑におちなかったのだった 勤め先の最寄駅をおりたら、イヤホンからは星野源のワークソングをリピートする、ものをつくるひとや芸術文化をあいしているひとびとがなぜかふいに、はからずも勤め人や満員電車を蔑むようなことをいうのを目にするとかなしい、すごくかなしい、おおくの職業はひとしくこの世の流れをうみだしているし、芸術などと性質はちがえど必要なものとおもうからで、ただ単にわたしもわたしでじぶんを肯定したいだけなのかもしれないけれど、あすからもちゃんと働きます、ひとまずは定時まで
日 々 . - -
檸檬
入社手続きをすべく、いそいそと各書類の取得のため出かける、そういえばこういった類の書面づくりは仕事のうえでは日々やっていたものだったのだけれど、とかくじぶんのこととなるとひどく億劫で、退職後といえば健保と失業保険以外、国民年金やら確定拠出年金やら確定申告やら手をつけておらず、そういえば資格試験のことで手一杯だったのだった、それにしても無職のにんげんにも、ただいきてゆくだけであれこれ追い討ちのような桁の数字 グレイプバインの発表で、昨年夏以降めっきり出向かなくなっていたライブに足をはこぼうかな、というきもちになってきて、ちらりとみてしまうととまらない、早速ひとつ再来月の予定をいれてしまった、3月のわたしはどうしてるかな、ちゃんと働いているかな
日 々 . - -
名前のない鳥
つかれはてた、というよりほかにない年末年始の帰省は、にんげんのふくざつによってよどんだようなあれこれを、心やら体やらがうっかり勝手に吸いとってずっしりと重くなってしまうようで、しまいにはピアノの音もテレビの音も話し声もただただ苦痛で、さむい部屋に閉じこもって本を読んで意識をうやむやにしておかないといけないくらい、熱まで出すくらい、東京にもどってもそれらの重みをうまくふり払えない かんがえていること、おもっていることを話してもいい、理解しようとしてくれている(とすくなくともわたしにはそうおもえる)友人がわずかながらいるということが、これから支えになるかもしれないなと、ありがたくおもう、家族がわたしのそれになりえないのだとそろそろ淡い期待をやめて、観念するときなのかもしれない、けっしてわるいひとたちではないのだけれど、かれらの健康と無事をいつだって祈りはするけれど、わたしはわたしの家族をつくりたい

 
日 々 . - -
| 1/16 | >>